ECブライトン留学生による語学留学ブログ

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

Brighton Pride 2017

August 06, 2017

こんにちは!

先日は、ブライトンでいや、イギリスで一番盛り上がるイベントと呼ばれているプライド(ゲイ)パレードを見に行ってきました!

知っている方も多いと思いますが、ブライトンといえばヨーロッパ1大きいゲイの町なんです。とてもみなさんオープンで性別も人種もベジタリアンもヴィーガンも関係なくお互いがお互いをリスペクトし合っているとても素敵な町なんです。そこが私がブライトンを好きな理由の一つでもあります(^^)

そんな街で1年に1回、ゲイパレードというフェスティバルがあるのですが、この日は街中に人が溢れ、ゲイの人達がドレスアップしたり老若男女構わずみんなが音楽に合わせ道端で踊ったり、ファットボーイスリムがDJをしたりブライトン出身の音楽バンドThe Kooksが演奏したりと規模の大きさが半端ないお祭りがあります。

町中がお祭り騒ぎで、正直けっこうなインパクトのある衣装を着ていた人がいたり、もうなんでもありって感じでしたね笑

でもそれがすごく楽しく、そのためだけに世界中からこの日にブライトンに来る人も多いそうです。

IMG_0649.jpg

IMG_0651.jpg

IMG_0652.jpg

Reunited with Aussie sis

August 04, 2017

こんにちは!

先日は、私が高校生の時にホームステイしていた時のホストシスターとロンドンで再会しました!なんと約5年ぶり笑 お互い成長したね!!

その子の名前はモーゲンで友達のハンナとリアと今ヨーロッパを旅行しているそうです。

今までにアムステルダムとベルリン、ベルギーなどを巡っていて明日からパリでその後はスペイン、イタリア、ドバイそしてタイに行くそうです。羨ましい!!でもその国その国で、クラブに行きすぎてお金がもうないとか、、笑 なんとも彼女らしいです。笑

IMG_0626.jpg

夜ご飯は、チャイナタウンにあるタイレストランに行きました。

私はポークのフォーを注文。美味しかったです!!

IMG_0619.jpg

BBQ on the beach

July 30, 2017

こんにちは!

今日は放課後にみんなで海辺でバーベキューをしました!

そこで最初のミッションとしてはスーパーでの買い出しでした。

なんせ人数が20人程いたので役割を分けるのも大変(^◇^;)

そこでリーダーシップを発揮して仕切ってくれたのがフランス人の女の子のサンダでした。

あなたは肉担当!あなたはバンズ!あなたはソース!あなたはチーズ!あんたはお皿とフォーク!

見つけたらここに集合はい行って!! っという感じでテキパキと指示をしてくれたのでスムーズに済みました。

私はソース担当でなんだかスーパーで宝探しをしている気分で楽しかったです。笑

そしてスーパーから5分歩いて海に着きました。最高のロケーション!!

さて、さっそくバーガー作りが始まりました。

女子は野菜やバンズを切り、男子は火を起こす。という役割です。

IMG_0483.jpg

美味しくできました☺︎!

IMG_0487.jpg

IMG_0485.jpg

IMG_8846.jpg

The funniest girl

July 26, 2017

こんにちは!

もう最近は、帰国ラッシュでみんなが帰って本当に悲しいことです、、。

そして今日はスイス人の友達の一人、ヤナのフェアウェルディナーがありました。

この子は何と言ってもとても面白くて、なんというか天然って感じです。特に酔っ払うとわけがわからないことを叫び出します。笑

ちなみに右の奥に座っているのがその子です。

IMG_0409.jpg

ディナーは、ブライトンにあるトルコ料理のレストランで食べました。私はケバブをチョイスしましたが肉がジューシーでとても美味しかったです!

ここで、トルコ料理についてすこしお話します。

トルコ料理は、トルコ民族の郷土料理であり世界三大料理の一つでもあります。

また、特徴として中央アジアの食文化であるラム肉を使った料理が多く、ヨーグルトをよく使います。寮にいたころにいたトルコ人がよく料理の上にヨーグルトをかけていたのを思い出します。笑 ほんとに何にでものせちゃうんですよね、、。日本でいう醤油のような感覚なんでしょうか、、。でも思ったのがヨーグルトって言っても甘いものではなくてどちらかというと酸味が強いギリシャヨーグルトという感じなので特に違和感はなく、むしろくせになる味です!

IMG_0406.jpg

Oxford Day 2

July 23, 2017

こんにちは!

今回は昨日に引き続き、オックスフォード二日目です。

最初に会ったのは、私の大学で去年まで留学していた、イミーに会いました。

彼女は日本語がとても上手で、この夏卒業して、今は就活中だそうです。日本だと卒業までに絶対内定をもらうというイメージですが海外だとまた違うんですね。その方がいいな笑

IMG_0332.jpg

また、今回は写真だけしか撮れませんでしたが、「パンティング」もオックスフォードでとても人気だそうです。

パンティングとは、春から夏の風物詩として、オックスフォードに流れるテムズ川の支流で地元の人々に親しまれている舟遊びのことです。

昔、不思議の国のアリスで有名な「ルイスキャロル」が、物語のモデルとなった「アリス リデル」達とピクニックやこの舟遊びをしながら、「アリスシリーズ」を考えたとされています。

IMG_0245.jpg

続いては、ハリーポッターの炎のゴブレットでハリー達がダンスの練習をするシーンや医務室のシーンで使われた場所でもあるボドリアン図書館に行ってまいりました。ここは元々、講義用・試験用の教室として建てられた教室でもあって、美しいアーチ型天井はイギリス・ゴシック建築の傑作と言われています。

IMG_0344.jpg

さて最後にはもう一人、私の大学で留学していた友達のアレックスに会ってきました。

やはり何と言っても楽しいのは日本にいた頃の話です。笑 次はブライトンに来てね〜〜!!

IMG_0288.jpg

Oxford Day 1

July 22, 2017

こんにちは!

今週末は、友達に会いにオックスフォードまで行ってきました。

ブライトンから電車で約2時間。着いたのはお昼頃でした。

オックスフォードと言えば、もちろん有名なのはオックスフォード大学ですよね。

がしかし、実はオックスフォードに、「オックスフォード大学」という名の場所はないそうです。びっくり!!

というのも、そもそもオックスフォード大学は44のカレッジによって構成された超大規模な総合大学。自治権をもつそれぞれのカレッジがオックスフォード中にキャンパスを持っているため、敢えて言うなら「これら1つ1つの建物がオックスフォード大学であり、これらすべてをまとめた呼称がオックスフォード大学である」ということになります。そのうちの一つを見学してきました。

IMG_0214.jpg

綺麗すぎました、、。こんなところで勉強ができる人はなんて幸せなんだ、、。ちなみに学費は一年間で最大330万円くらいだそうです。お、恐ろしい、、笑

続いて向かったのが、ラドクリフカメラ。

カメラという名前が不思議ですが、もとはラテン語の「円天井の部屋」を意味する言葉らしいです。

理系専門書図書館として設立されましたが、ボドリアン図書館と地下道で結ばれてからは閲覧室として使われています。現在は一般に公開されてはいませんが、多くの小説に登場したりモデルとなっている丸いドーム型の建物だけでも見る価値がある観光スポットとなっています。

IMG_0162.jpg

この橋は「ため息橋」と言います。名前の由来は、ドゥカーレ宮殿で有罪を受けた人が、牢獄に向かうときに溜息をつきながら通る橋だからだそう。フォード・カレッジとニュー・カレッジを結ぶ渡り廊下で、ベネツィアにある「ため息橋(Ponte dei Sospiri)」を真似て作られました。

何度か映画などにも登場した有名な観光地ですが、今でも普通に渡り廊下として使用されています。またこの橋は別名「恋人たちの橋」とも呼ばれ、好きな人と橋をくぐるとその二人は結ばれるという言い伝えがあります。なんともロマンチック、、

IMG_0167.jpg

そしてお腹が空いた私たちは、家に帰る途中で見つけた、ギリシャフードの屋台でピタをテイクアウトすることにしました。

一緒にいた友達がギリシャ語を話せるため、屋台のおじさんと話していると、なんと無料でピタを作ってくれました!!

なんとも優しい(T ^ T)❤︎

IMG_0147.jpg

IMG_0306.jpg

Bus in Brighton

July 19, 2017

私がイギリスにきて最初に驚いたことがあります、、、それはバスです!

イギリスと聞いて思い浮かぶものはたくさんあると思いますが、その中でも二階建てバスが上位に入ってくるのではないでしょうか。

私があの赤い二階建てのバスはロンドンの観光地にしかないと思っていました。しかし、ブライトンに着いてみてどうでしょう。そこらじゅうに走っていたのです!! どうやらこっちの市バスは、日本のようなタイプのバスと、二階建てのバスの二種類があるみたいです。私はいつも通学する時は二階建てのバスに乗ります。そして、何より特徴なのがバスのデザインです!! 赤や青を基調としたシンプルなのもありますが、その他にかわいいデザインのバスがたくさん走っているのです。例えばこれ!

IMG_0055.jpg

もうなんかきゃりーぱみゅぱみゅって感じですよね!!原宿に走っていたら絶対流行りそう。笑

さらにこれ!よく見ると、ブライトンで有名なやセブンシスターズや、ビーチに欠かせないカモメが描かれてあったり何度見ても飽きないデザインとなっています。

IMG_0054.jpg

放課後には、いつも通り過ぎるだけでずっと行ってみたいと言っていた、marmaladeというカフェに行ってきました。お店自体こじんまりとしていますが週末になるといつも行列ができています。

私は、バナナベリーフレンチトーストをチョイスしました。

IMG_0046.jpg

Lambeth Country Show

July 16, 2017

今週末は、スイス人の友達二人とロンドンで一番の規模を誇るファミリーイベント "Lambeth Country Show '17"に行ってきました。

このお祭りは、自然や教育などをテーマにしていて、動物と触れ合えるエリアや、移動遊園地、オーガニックフードを使ったデザート展、世界各国の料理が楽しめるたくさんの屋台、野菜を使ったアート展、運動神経テストができるコーナーなど様々なエリアに分かれていました。たくさんの団体が、ボランティアを募集していて私は牧場のボランティアに一番興味が湧きました。

IMG_9948.jpg

野外ステージもあって、何人かのパフォーマンスをサイダーとともに観覧しました。

この自由な雰囲気がとても心地よかったです。

IMG_9966.jpg

また、屋台も豊富でお昼ご飯に私はタイのグリーンカレーをチョイスし、デザートには行列ができていたチュロスを食べました。

IMG_9984.jpg

一緒に行ってくれたジルとノエミありがとう!!

IMG_9992.jpg

My first "cream" tea

July 14, 2017

こんにちは!

この日は、昨夜の雷雨から一転、とても天気がよく久しぶりに晴れました!

学校に行く途中に見えた海もこんなに綺麗でした。こんな日は学校をスキップして泳ぎに行きたい気分でしたが、もちろんそんなことはしません。笑

IMG_9884.jpg

さて、授業後に私たちが向かったのが、行きつけになりつつあるベジタリアンのカフェです。

ここのサラダは全てオーガニックの野菜でできていてヘルシーなわりにボリュームがあるのでお気に入りのお店です。特に上にトッピングされているスウィートポテトが甘くて美味しいです。

IMG_9670.jpg

そしてですね、今日はこっちに来て初めてイギリスのカフェでは定番のクリームティーに挑戦しました。場所はと言いますと、ブライトンのコーチステーションの近くにある老舗のカフェに行きました。クリームティーという名前を最初に聞いた時は、紅茶に生クリームを入れて、ロイヤルミルクティーのような味がするものかと想像しました。けれど、実はクリームティーというのは、普通の紅茶とスコーンのセットのことなのです。
 
スコーンというと、日本のスターバックスなどでチョコレートチップなどが入ったお菓子を想像するかもしれませんが、イギリスのクリームティーのスコーンは、レーズン入り、プレーンなものが主流で、イチゴジャムとクロテッドクリームというクリームがセットになって付いてきます。
 
スコーンを半分に切り、クロテッドクリーム(白いクリーム)とジャムをたっぷりと塗って食べるのがイギリス流です。このクロテッドクリームというのが、とにかく濃厚で美味しいのです。イギリスの南西、コーンウォール地方で昔から作られてきた特別なクリームですが、スコーンには必ず欠かせないものなのです。
 
どっしりとして甘さ控えめのスコーンに、濃厚なクロテッドクリームとイチゴジャムが絶妙にマッチしていて、紅茶にぴったりと合うのです。

IMG_9831.jpg

Time flies

July 12, 2017

今日は、クラスで仲良くしている一人のブラジル人のファビアナのGraduation ceremonyがありました。ちなみにECでは毎週金曜日にこのceremonyがあり、毎週誰か必ず出て行きます。

その子は、日系ブラジル人でなので見た目は日本人ですが日本語は全く話せないので、中身は生粋のパーティー大好きのブラジル人です笑 彼女の英語はとてもはやく、聞き取るのが難しいです。ちなみにポルトガル語でも速いそうで、同じブラジル人の友達も聞き取れないそうです。笑 3ヶ月ともに過ごし、クラスでもよく発言し、プライベートでも仲良くしていた子なのでとても寂しくなります。。またいつかブラジルに会いに行くよ!!ちなみに右から二番目がその子です。

IMG_8073.jpg

そしてお昼には、私が元住んでいた寮、現ファビアナが住んでいるセントジェームズプレイスで自分たちで料理をしました。メニューはボロネーゼパスタと、トマトとモッツァレラチーズのサラダです。トマトといえばですが、アメリカ英語では、" トメィト "と言うと思いますが、イギリス英語だと、" トマト "と発音が異なるのを知っていましたか? 日々些細なことから新しいイギリス英語を発見できるのが今とても楽しいです! 難しいけど面白い笑

IMG_9632.jpg

プロフィール

profile
中村 春香さん (20歳)
海外の雰囲気や文化を知るのが好きで、高校の時から短期のホームステイでオーストラリアやアメリカを訪れていました。では次にどこへ行こうと考えた時にヨーロッパが出てきました。本場の芸術・歴史・文化を学ぶため、いろんな場所に行き、たくさんのことを吸収してきたいと思います。ブライトンは海が近いので海辺で散歩をしたり、ヨガをするのが楽しみです。人生で一番濃い半年間にしたいと思います。

カレンダー

ECブライトンに通う留学生ブログのページです。
留学の実現はここからスタート!短期留学や語学留学はもちろん、ワーキングホリデー、大学留学、大学院留学まで幅広くご紹介している留学ジャーナルが、皆さんの海外留学への思いをカタチに変えます。海外留学の実現は、留学ジャーナルで!

「なんとなく留学したい」から「具体的な学校選び」まで。
カウンセリングのご予約やメールでのご相談はこちらから。

無料 留学相談

無料ですぐに
お届けします。

無料 資料請求

フリーコール:0120-890-987

留学に関するお問い合わせはお気軽にお電話にてご相談ください

サイト内検索

本社:〒160-0016 東京都新宿区信濃町34 JR信濃町ビル6階
観光庁長官登録旅行業第1695号 一般社団法人留学サービス審査機構(J-CROSS)認証事業者
一般社団法人日本旅行業協会(JATA)正会員 一般社団法人留学・語学研修等協議会(CIEL)正会員 一般社団法人海外留学協議会(JAOS)正会員
NAFSA Association of International Educators会員 特定非営利活動法人国際教育交流協議会(JAFSA)賛助会員
このサイトに関するお問い合わせは e-mail:webmaster@ryugaku.co.jp

TOP