留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

留学・進学に!英語力証明のグローバルスタンダードの『IELTS』

# 英語

# 留学準備

# PR

公開 : 2022.03.09

留学の英語力証明テストとして知られるIELTS。今やイギリスだけでなく、アメリカなど世界中の高等教育機関の入学審査で採用されています。日本の大学受験や企業の昇進試験でも活用が進むIELTSとはどのような試験なのでしょう?ここで詳しくご紹介いたします。

大学受験にも留学にも昇進試験にも!現場で役立つリアルな英語力を測定

IELTSとは?世界各国の教育機関で採用している英語力証明

IELTS(アイエルツ)は、海外留学や研修のために英語力を証明する際に利用するテスト。イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのほぼすべての高等教育機関で認められており、アメリカでも TOEFLに代わる試験として入学審査の際に採用する教育機関が3400を超えています。

現在は世界140ヵ国以上に試験会場があり、英語力証明のグローバルスタンダードとして、世界中で受験者が増えています。日本では、日本英語検定協会の試験会場で、IELTSを受験することができます。

IELTSを利用するシーンは年々増加

近年、IELTSを利用するシーンはますます広がっています。高校生なら海外の大学進学で使えるのはもちろん、日本国内の大学受験でもスコアが評価の対象になるケースが増えています。大学生なら交換留学の申請時に加え、就職活動で英語力をアピールする際にも使えます。社会人も昇進試験や大学院留学を目指す際にIELTSのスコアは強い味方になります。

ポイントは、対面式のスピーキングテストを採用するなど、現地で本当に使える英語力を測定できること。また、全国に試験会場があり、毎月複数回受験できるのも大きなメリットでしょう。期日までに目標のスコアが必要な場合にも、IELTSならチャンスが広がります!

ielts_contents1.JPG

世界中で受験者増加中! 4 つの特長

1.世界140ヵ国が認定。高い国際通用性

140ヵ国、合計11,000以上の教育機関が認定。アメリカやイギリスなどへの留学や研修の英語力証明はもちろん、日本の大学受験での採用も増えています。

2.FACE to FACEで英語の実力を測定

IELTSのスピーキングテストは面接官との対面式を採用。Face to Faceのテストは、現地で使える実践的な英語力を測る最も効果的な方法です。

3.好みに合わせて受験方法を選べる

IELTSは紙と鉛筆の筆記テストとコンピューターを利用するテストを選べます。ペーパーテストに慣れている日本の受験者には安心材料になるでしょう。

4.アイビーリーグなどトップ大学も採用

IELTSは、近年アイビーリーグをはじめとするアメリカのトップスクールでも広く採用されています。ここからも国際的な評価の高さが見受けられます。

選べる2つの受験方法

【IELTSペーパー版】自宅近くで受験したい方におすすめ!

★POINT1:全国16都市でほぼ毎週実施

IELTSは全国16都市でほぼ毎週実施しています。Web申し込みやコンビニでの支払いも可能で、チャレンジしやすい環境が整っています。


★POINT2:世界で年間300万人以上が受験!

世界中で年間300万人以上が受験するIELTS。国内大学の一般入試、推薦入試における英語4技能を評価する外部試験でのIELTS採用も加速しています。

【IELTSコンピューター版】早く結果を提出したい方におすすめ!

★POINT1:快適な環境で集中できる東京・大阪のテストセンター

東京・大阪にあるコンピューターで受験するテストセンターなら、最新設備が整った快適な環境でテストを受けられます。

★POINT2:試験日程が多く、結果もすぐ出るので期日までに目的のスコアを狙える

テストは午前と午後の1日2回、毎月20回程度実施されるのもポイント。結果も3~5日後にWebで確認ができるので、期日までに確実に目標のスコアを狙えます。

受験料・申込方法/お問い合わせ

【受験料】¥25,380(税込)※2022年3月時点
【申込方法・試験日】ウェブサイト(https://www.eiken.or.jp/ielts/)を確認

■公益財団法人 日本英語検定協会 IELTS事務局
■IELTS公式 東京テストセンター(JP500) TEL.03-3266-6852
■IELTS公式 大阪テストセンター(JP512) TEL.06-6455-6286

ielts_logo.jpg

  • twitter
  • facebook
  • line