短期留学で英語力は伸びる?英語+αの体験も

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

短期留学で語学力はどのくらい伸びる?英語+αの体験もできる!

# 短期留学

# 英語

2019.03.29

気になる「短期留学と英語力アップの関係性」。期間が短くても英語力をアップできるコツを知っておきましょう。ボランティアやおけいこなど、語学レッスン以外に体験できる内容もご紹介します。

みんなが短期留学を考えたきっかけとは?

短期留学を志すきっかけは「自分の英語力を試したい」「グローバルな視野を身につけたい」など、十人十色。中には「海外旅行よりもディープで楽しそう」「日本を離れて気分転換がしたい」という動機で留学する人もいます。つまり、きっかけは何でもOK!

英語レベルを問わず、初級者でも気軽に参加できるのが短期留学の魅力です。数週間とはいえ、まさに"英語漬け"の刺激あふれる毎日。学校で習っていた四角四面な英語とは異なる、ネイティブスピーカーの生き生きとした英語やその国のカルチャーにふれることができます。語学学校でさまざまな国籍や文化、宗教をもつ友達をつくり、帰国後もSNSなどで交流を続けられるのもうれしい点ですよね。

英語+αの体験も!短期留学で何ができる?

留学先では英語を勉強するだけ?いえいえ、そんなことはありません!ホストファミリーやクラスメイトと時間を過ごすことで異文化交流を体験し、海外旅行で体験するより一段ディープな現地カルチャーに浸りましょう。さらに、大自然とのふれあいやスポーツ、ミュージカル鑑賞など、海外ならではのアクティビティも満喫できます。語学学校では放課後や週末にアクティビティや小旅行を企画しています。参加したい催しがあれば、積極的に参加してみては?クラスメイト以外の留学生と知り合うことができるので、短期留学であってもヨーロッパ、アジア、南アメリカなど世界各国に友達をつくることができます。

欲張りな人には"語学+α"プログラムもおすすめです。このプログラムでは、英語の勉強に加えて、環境保護や教育、介護などに関わるボランティア活動や、フラワーアレンジメントやアロマセラピー、ダンスといったその国の文化を学べます。例えば、午前中に語学学校で英語を学び、午後からボランティア活動に参加したり、あるいはダンスやスノボーにトライするなど、たとえ1週間の短期留学であっても1日を有意義に過ごせます。英語力に不安を抱く人も多いかもしれませんが、短期留学でできるこの"語学+α"プログラムへの参加は、英語力が問われないものが多いのも嬉しいポイント。趣味として楽しむもよし、就職活動やキャリアアップに役立てるもよし、目的にあわせてチャレンジしてみては?

短期留学で英語力を効率的に伸ばすには?

「短期でどのくらい英語力が伸びるの...?」という点は誰しも気になるところ。まず、留学前の英語力に関しては、基本的にゼロでも構いません。語学学校では初心者から上級者まで、英語のレベルにあわせて学べるクラスがあります。日本のように義務教育で英語を学んだ経験があるという国からの留学生ばかりではありません。極端にいえば、ABCから学べるレベルのクラスを用意している語学学校もあります。学校の初日に、筆記とインタビューの英語のレベルチェックのテストがありますが、これは合否をきめるものではありません。自分にあったレベルで学ぶためのテストです。クラスに入ると一緒に学ぶのは同じ英語力の留学生。先生もそのレベルにあわせて授業をすすめてくれますので心配無用です。それでも意思疎通が不安な人は、日本人スタッフがいる語学学校や現地サポートが受けられる都市に留学すると安心です。

短期留学をしても英語力アップにはつながらないのでは....という不安もあるでしょう。確かに、1、2週間の留学で英語力を劇的に伸ばすには無理がありますが、それでも短期留学で英語力をアップさせるにはいくつかコツがあります。第一に、「英語力ゼロでもOK」とはいえ、基本を復習しておいた方が先生とのコミュニケーションも取りやすく、効率よく語学力が伸ばせます。渡航前に中学英語の問題集を解き直ししておくだけでも違いが出るはず。洋画を日本語で観ている人は英語で観るようにするとか、通学や通勤の電車の中で好きな海外アーティストのSNSをチェックするとか、今日の出来事をだれかに伝えると仮定して英語で考えてみるとか、今の生活の延長線上でやれることは意外に多いかもしれません。

第二に、確固たる目標を定めることが大事です。「発音に自信をもちたい」「すらすら質問できるようになりたい」といった具体的な目標をもって留学に臨むと、その部分を意識して鍛えられるもの。

最後に、これが最も大切なのですが、留学先では何事も積極的に取り組みましょう!クラスメイトやホストファミリーに自分から話しかける、授業中に手を挙げて発言する、友達に誘われたらとりあえずOKしてみるなど、一つひとつのシーンで"ちょっとした勇気"を出すことが大事。失敗しても良いので積極的に過ごせば、自然と英語でのコミュニケーション力がアップしますよ!また、まったく自信がなかった自分の英語が通じた!という嬉しい体験と同時に、思うように言いたいことが言えなかった経験が、もっと英語を話せるようになりたいというモチベーションになり、帰国後の英語への取り組みが変わり、結果として英語力が伸びるという循環となるようです。

まとめ

上記の通り、短期留学では集中して英語を学べるだけでなく、異文化交流やアクティビティ、友達づくりなどの貴重な体験ができます。短期留学にご興味のある方はまずはお気軽に全国の留学ジャーナルカウンセリングセンターまでお問い合わせください。情報収集の一歩として資料請求やセミナー参加もおすすめです。

留学ジャーナルの短期留学はこちら

  • twitter
  • facebook
  • line