短期留学で利用できる奨学金とは?

留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

短期留学で利用できる奨学金にはどんなものがある?

# 短期留学

# 奨学金

2019.03.29

「留学を希望しているけれど予算が苦しい」「あと10万円あれば…」。そんな方は奨学金を検討してみては?短期留学でも利用できる奨学金制度もあるので、賢く使って憧れの留学を叶えましょう。

奨学金とは?

まずは「そもそも奨学金とは何か?」という点を確認していきます。奨学金とは、就学に関する金銭の給付または貸与を行う制度のこと。この大きく分けて、給付型と貸与型の2タイプの奨学金は何が違うかというと、給付型は「お金をもらう」形なので返済不要。一方の貸与型は文字通り「お金を借りる」形であるため、後ほど利子をつけて返す必要が生じます。金額は留学期間や機関や団体によってまちまちですが、月額や年額が決まっている制度があるほか、一括で数万円~数十万円が支給される場合も。

給付型と貸与型の奨学金を提供している実施団体は、独立行政法人、公益財団法人、地方公共団体、各国政府など幅広く、それぞれが独自の奨学金プログラムを運営しています。語学力や留学先、留学期間などの応募条件もそれぞれに異なります。この場合、留学奨学金の対象となるのは主に高校生や大学生であり、いずれの場合にも実施団体に申し込みを行い、審査を受けて合格する必要があります。

ちなみに奨学金を提供しているのは自治体や公的機関だけではありません。返済不要の給付型の奨学金制度を設けている留学会社もあります。この場合、高校生や大学生を対象とした夏休みの短期留学や、社会人を対象とした1週間から行ける短期留学など、語学力を問わず、年代も幅広く募集している場合もあります。

短期留学で利用できる奨学金とは?

それではいよいよ、短期留学でも応募できる奨学金制度の例を見ていきます。どれに魅力を感じるかは自分が何を求めるか次第。ぴったりのものが見つかれば、ぜひ挑戦してみてください!

"給付型"の代表格が、文部科学省が官民協働で進めている「トビタテ!留学JAPAN」。「高校生コース」は14日以上、「大学生等コース」は28日間以上が対象となります。年齢や家計基準などの制限が設けられており、事後研修への参加や報告書の提出といった義務があるものの、手厚さに定評があり、とても人気の高い奨学金です。
また、もう1つの"給付型"として挙げられるのが、JASSO(日本学生支援機構)による「海外留学支援制度(協定派遣)」です。国内の大学の在籍者が、外国の教育機関との交流協定に基づいて8日間以上の派遣プログラムに参加する場合に申し込みが可能です。応募者は、語学力などの一定の基準を満たす必要があります。

"貸与型"として有名なのが、同じくJASSOによる有利子の「第二種奨学金」。3ヵ月以上とやや長めの期間になりますが、国内の大学などの在学生が家計基準を満たす場合に申し込めます。奨学金の月額を2万円~12万円の間で選択できるほか、一時金を借りることもできるため、「少しだけ足りない」人にも「しっかり借りたい」人にもうれしい制度と言えます。

他にも、都道府県や市区町村が、短期留学やホームステイを対象として奨学金を支給する場合も。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

また、語学学校の実施する期間限定のキャンペーンを利用したり、リーズナブルな航空券を探したりと、さまざまな方法で短期旅行の費用を抑えることができます。奨学金のみにこだわらず、そちらも合わせて検討してみましょう。

期間は1週間で、アメリカの語学学校の午前クラスで学びます。午後や週末は観光もでき、街並みが美しい秋のボストンを存分に楽しめます。有給休暇を有意義に過ごしませんか?(応募締切は7/31)

まとめ

以上に見てきた通り、短期留学でも利用できる奨学金が存在します。上手に使えばさらに充実した留学が楽しめそうですね!さらに、留学エージェント会社のキャンペーンを利用することで留学費用を節約することも可能。たとえば、留学ジャーナルでは、高校生、大学生ぞれぞれを対象とした授業料、滞在費用、往復航空運賃の全額を支給する返済不要の「夏休み留学の奨学生募集」を毎年実施しているので、タイミングが合えば応募してみるとよいでしょう。ほかにも、留学生活をブログで発信することで、授業料が半額になるブロガーの募集があったり、定期的に社会人対象の奨学生の募集もあります。チャンスを逃さないようにまずは定期的にwebサイトをチェックしてみては。また、その時々のおトク情報を知りたければまずは、留学カウンセラーに相談してみると良いでしょう。料金の確認は資料請求で気軽にできます。

留学ジャーナルの短期留学はこちら

  • twitter
  • facebook
  • line