留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

【2020年版】アメリカ留学には予防接種が必要!受けるべきワクチンや費用を解説!

# 留学

# アメリカ

# 予防接種

公開 : 2019.06.13

更新 : 2020.09.25

アメリカに留学する場合、学校や参加する留学プログラムによって予防接種が必要です。代表的なMMRのほか、州や機関によっては別の種類が求められることも。ここでは予防接種の種類や受けるタイミング、費用について紹介しています。

アメリカ留学のご相談は
無料の留学相談をするバナー_350.png

アメリカ留学には予防接種が必要!受ける方法とは?

多くの留学生に必要となる予防接種。「どんな種類のワクチン接種が必要?」「どこで受けられるの?」「費用はどのくらい?」など、気になる点を一つひとつ確認していきます。

アメリカ留学の際に必要になる予防接種

留学大国であるアメリカには、ヨーロッパ、アジア、南米など、さまざまな地域から学生が集まります。キャンパス内や学生寮での集団感染を防ぐためにも、留学生が感染症にかかりにくくなるよう、入学前に予防接種(immunization)を済ませておくことが求められています。

予防接種は、大学や大学院、コミュニティカレッジなどに留学する場合は基本的に必要(州や学校により異なります)。語学留学の場合でも、フルタイムのコースを取ったり大学付属の英語コースで学んだりする場合、またチャイルドケアボランティアに参加する場合などに、予防接種が必要になることがあるので確認が必要です。

必要な予防接種は州や教育機関によって異なりますが、最も一般的なのがMMRです。MMRとは、麻疹(はしか。measles)、おたふく風邪(mumps)、風疹(rubella)の頭文字を取ったもの。日本ではこの3つは乳児のときに接種している人がほとんどです。

もう1つ、一般的なのがツベルクリン反応検査(TB skin test)です。結核にかかっているかどうかを調べるものですが、日本では幼いころにBCG接種を受けていると、検査で陽性となる場合があります。そのままでは問題がありますので、胸部レントゲンまたはIGRA検査と呼ばれる血液検査を受けて、結核に罹患していないことを証明する必要があります。

そのほか、州や教育機関によって、破傷風(tetanus)、ジフテリア(diphtheria)、ポリオ(polio)、水痘(varicella)、B型肝炎(hepatitis B)、髄膜炎(meningitis)などの予防接種が必要になることも。

必要な予防接種の種類は、各教育機関のウェブサイトや資料に明記してあります。手続きを始めるには、まずは教育機関のウェブサイトから予防接種用フォームをダウンロードするなどして入手しましょう。次に、クリニックなどの医療機関に母子手帳と予防接種用フォームを持参し、必要な場合には予防接種や検査を受けた後、医師に必要事項を記入してもらいます。

予防接種を受けるタイミング

一部の予防接種は複数回受ける必要があります。たとえば麻疹や水痘は2回、B型肝炎や破傷風は3回必要で、それぞれ1ヵ月などの所定の間隔を空けて打たなくてはいけません。ただし、幼少期に1度以上接種を受けている場合には追加の回数のみの実施でOKなケースもあるので、医師に直接確認しましょう。

1つのワクチン接種を複数回受ける場合、アメリカで教育機関に入学する時点で1回目の接種を済ませていればOKと見なされるケースもあります。そのため中には、追加分はアメリカに渡航後、大学のヘルスセンターや保健所、ドラッグストアなどで受ける留学生もいます。

ただし、やはり理想的なのは日本ですべて済ませておくこと。現地でうっかりタイミングを逃すと、授業が履修できなかったり学生寮に入れなかったりするおそれもあるからです。遅くとも渡航の半年前までに、母子手帳とフォームを揃えて医療機関に相談に行くことをお勧めします。

予防接種の費用はどのくらいかかる?

日本でMMRを受ける場合は10,000円が相場。そのほかは、ほとんどは1種類ごとに3,000~10,000円、髄膜炎菌ワクチンのみ20,000円前後の費用がかかります。また、英文の予防接種証明書の発行には別途7,000円ほど支払うのが通常。予防接種や証明書発行費用は病院ごとに異なるため、安く抑えたい方は病院のウェブサイトで調べたり電話で問い合わせたりして比較するのも良いでしょう。

アメリカで予防接種を受ける場合、料金は日本よりも少し高くなる傾向があります。ただし、学校や都市によっては無料で受けられる場合もあるので、気になる方は留学先の教育機関に問い合わせておきましょう。また、有料の場合でも現地で健康保険に加入していれば、一部が保険でカバーされる可能性があります。こちらも保険会社に確認してみましょう。

まとめ

いかがでしたか?アメリカ留学に必要な予防接種は、多少煩雑ではあるものの、早めにアクションすれば余裕をもって渡航前に完了できます。「私の留学スタイルでは予防接種が必要?不要?」など、ご不明点がありましたら、お気軽にカウンセリングセンターにご相談ください。

アメリカ留学について相談希望の方はこちらから
無料の留学相談をするバナー_350.png

自宅にいながらオンライン相談

  • twitter
  • facebook
  • line