留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

短期留学は意味がない?「意味があるもの」にするポイントを徹底検証!

# 短期留学

# メリット・デメリット

# 留学準備

公開 : 2020.07.01

更新 : 2020.11.27

留学してみたいけれど、語学を習得するならある程度の期間が必要だし、短期留学でも意味があるの?英語力は伸ばせるの?など、短期留学に関してギモンに思う点は多いですよね。 結論から言うと、行動次第で、短期留学は意味のあるものになります!

短期留学のメリット・デメリットとは?

メリット

会社や学校の休みを使って留学できます。社会人で有給休暇を使って留学するなら、1~2週間の短期留学、大学生などで夏休みや春休みを使って留学するなら、3~6週間程度の短期留学をする人が多いのが特徴。

デメリット

短期で英語をマスターするのは難しいといわれていますよね。実際、短期間の留学で英語力を劇的に伸ばすのは、至難の業。しかし、短期間だからこそ、英語環境にしっかり身を置き、生きた英語を使って生活する経験は、帰国後の英語学習へのモチベーションを高めてくれます。

短期留学はこんな人におすすめ!

留学をしてみたいが、長期留学は不安な人

いきなり長期留学は不安、という人は、一度、短期留学で、留学生活のイメージをつかむことができます。短期留学をきっかけに、長期留学やワーキングホリデーを考え始めたという人も多いです。

長期間の休みを取りにくい人

社会人になると、なかなか長期休暇は取得できない...という場合が多いですよね。短期留学なら、1週間単位で留学可能なので、1~2週間の休暇を利用して、留学することができます。

費用を抑えて留学したい人

長期留学するには費用が足りない...という場合も、短期留学がおすすめ。授業料や滞在費など、必要な費用は、短期間であればあるほど少なくなります。

海外旅行とは違った経験をしたい人

短期間であっても、海外旅行と留学は、まったく違います。現地での生活を体験してみたい、いろいろな国の人と友達になりたい、現地の人と話す機会を作りたい、など、旅行とは違う貴重な経験ができるのが、短期留学です。

AdobeStock_339818516 (1).jpeg

短期留学を意味あるものにするポイント

時間の使い方

短期間の留学だからこそ、集中して学ぶ意識が大切です。例えば、学校のアクティビティに参加してみる、できる限りホストファミリーに話しかけて交流を図る、学校で多国籍の友達を作る、など、意識して時間を使いましょう。

アメリカに短期留学した社会人の方からは、「1週間の留学だから、友達ができるとは思っていなかったけど、一緒にご飯を食べに行く友達ができた!ホストファミリーと新聞を読みながらたくさんお話できた!」と感想が届いています。

AdobeStock_225624832 (1).jpg

留学前の準備

留学前に、目標設定をしてみましょう。例えば、英語で簡単な日常会話ができるようになる、と目標を決めたとします。その目標達成のために、簡単な文法の復習などをして準備をすれば、授業の理解もしやすくなり、結果的に短期留学がより意味のあるものになります。

また、出発まで時間がある場合は、今の自分の英語力を知っておくために、TOEICなど英語の試験を受けておくのもおすすめです。

おすすめの短期留学の期間

短期留学の期間とは、一般的に1週間~2、3ヶ月程度の期間を指す場合が多く、特に決まった定義があるわけではありません。留学する期間は1週間単位で選べる場合が多いので、学校や会社の休暇期間と、予算などを考慮して決定しましょう。

1週間~2週間

1週間の休暇を使って留学するなど、社会人に多いケース。観光も楽しみたい人は、英語の授業を半日にし、半日は観光を楽しむなどの工夫も。

3週間~1ヶ月

大学生などの夏休み・春休みに多いケース。休み期間を最大限に使って留学する人も。土日を使って、留学先近郊の観光もできる場合が多く、短期留学を充実させたい人におすすめ。

1~2ヶ月

転職の際の空いた期間などを利用するケースや、長期留学したいけれど予算に限りがあるケースなど。1~2ヶ月あれば十分現地の生活に慣れ、外国語での日常会話にも慣れることができます。

690AdobeStock_162326714.jpg

意味のある短期留学にする方法まとめ

いかがでしたでしょうか。短期留学で意味があるかどうかは、自分次第。行動次第で、意味のあるものにすることができます。

特に、帰国後のモチベーションアップになった、という声は多く、帰国後に英語学習をがんばって、TOEICスコアをアップしたという人も。

また、短期留学がきっかけで、長期留学やワーキングホリデーを決意したり、というケースも多くみられます。

海外旅行の際に、留学中にできた海外の友達に会ったり、留学中にできた友達が日本に来たので案内したり、などという短期留学経験者も多く、短期留学は海外の友達を作る機会にもなります。

まずは、留学できそうな期間、予算、目的などを考えてみて、意味のある短期留学を実現しましょう!まずは、留学ジャーナルのプロの留学カウンセラーに相談してみてください。気に入ったプランが見つかれば、渡航手続きも可能です。

短期留学のご相談はこちらから
無料の留学相談をするバナー_350.png

  • twitter
  • facebook
  • line