留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

【ニューヨーク留学徹底解説】特徴と費用、目的別おすすめの語学学校がわかる

# 留学

# アメリカ

# おすすめ

公開 : 2019.10.21

更新 : 2020.09.25

留学先として人気のあるニューヨーク。アメリカ最大の都市ニューヨークには、世界中から様々な人々や文化が集まります。留学して、ニューヨークを思いっきり満喫したいという思いがある一方、世界的な大都市で暮らすということが、イメージしづらい部分もありますよね。
今回は、そんなニューヨーク留学の魅力や特徴、費用やおすすめの留学プランを詳しく解説していきます。

ニューヨーク留学の個別相談はこちらから
無料の留学相談をするバナー_350.png

ニューヨークってどんな街?

ニューヨークって?まずは、ニューヨークがどんなところか理解を深めていきましょう。

● 世界政治や経済の中心地

政治、経済、文化で大きな影響力をもつ世界トップクラスの国際都市ニューヨーク。国際連合の本部やウォール街などがあり、政治・経済の中心地です。街には高層ビルが立ち並び、様々な人種の人々が行き交う姿がみられます。

グローバル企業の広告やネオン看板がひしめく繁華街。まさにここを中心に、世界が動いているんだという感覚をリアルに感じることができるのが、何といってもニューヨーク留学の魅力です。

● 多様な民族が暮らす人種のサラダボウル。留学生も世界各国から集結

多種多様な人々が混ざり合って暮らしているニューヨーク。実に200以上もの言語が使われていて、アメリカで最も多国籍な街です。

最近は、メキシコやプエルトリコなどのヒスパニック・ラテン系、アフリカ系、アジア系の文化をもつ人々も増えていて、街では英語以外の言語を聞く機会も多くあります。また、市内には語学学校や大学が数多くあり、世界各国から留学生がニューヨークを目掛けて学びにきています。

そのため、出会う人によって英語力のレベルが違うのもこの街の特徴。そのため、自分は英語力に自信がないという人でも、大丈夫。ニューヨークではそんな人も珍しくなく、多様性を尊重する文化があるため、留学生でも消極的にならず、自然体で生活できる環境と言えるでしょう。

● ダンスやファッション・アートなど数多くの分野で最先端が集まる文化都市

ニューヨークの魅力は何といっても"ホンモノ"がすぐそこにあること。美術品、ファッション、音楽、美容、各種ショー、イベントなど、どれをとっても本場かつ超一流のものを五感で味わうことができます。

そのため、留学においても、語学はもちろん、ファッションやデザイン、ダンス、写真、映画、音楽などのアート系の他、ジャーナリズムや、経営・金融など、さまざまな分野を学ぶことができます。語学学校で「語学+α」という形で気軽に学ぶこともできますし、専門学校やカレッジ、大学、大学院で深く学ぶこともできます。

● 比較的安全と言われている治安。ただし、油断は禁物

ニューヨーク市はアメリカの大都市の中では比較的安全と言われています。しかし、日本と比較すると犯罪発生件数は格段に多いので油断は禁物。地下鉄や路上などでパフォーマンスを見ているすきに貴重品をバックパックから抜き取られたり、スマートフォンやタブレット端末を路上で使用している時にひったくられたりする事件が多発しています。

必要の無いものは受け取らない、犯人がしつこく弁償や代金の請求をするようであれば、警察に連絡するか近くの店で店員などに助けを求めるなど、心して行動しましょう。

ニューヨークでどんな留学ができる?

NY_3_690.jpg

最先端が集まる都市ニューヨーク。留学でも、その特性を生かした魅力的なプログラムがたくさん用意されています。今回は、その中でも語学留学を中心に、ニューヨークで実現できる留学プランをご紹介していきます

語学留学ではなく、ニューヨークの大学・専門学校へ進学して専門分野を学びたいという人は、こちらをチェックしてみてください。

● 語学留学

「読む・聞く・書く・話す」の4技能を満遍なく伸ばすことができる語学留学。授業中はペアになって会話練習をしたり、グループディスカッションの機会もあるので、世界各国からきた留学生と会話しながら、自分の意見を話すなど、実践的な英語力を身に付けることができます。
また、観光を楽しみたい人は、午前中のみ開講されているクラスを選ぶこともおすすめ。美術館やミュージカル、自由の女神やタイムズスクエアなど、ニューヨークには見切れないほどの見所がたくさん。英語も観光も楽しみたい人におすすめの学校はこちらです。

<語学留学でおすすめの学校>
・タイムズスクェアが目と鼻の先のロケーション「EC, New York」
・コストを抑えて留学したい人におすすめ「ZONI Language Centers」

● 語学留学+ダンス

ダンスの本場、ニューヨーク。語学を学びながら、ジャズやヒップホップ、タップなどのダンスレッスンを海外で受けるという貴重な体験ができます。英語が苦手な人でも、気軽に参加することができます。

<語学+ダンス留学ができるおすすめの学校>
・人気のダンススクールで磨きをかける「EC, New York」

● ビジネス英語留学

ビジネスシーンでよく出るフレーズや、電話の対応方法、ビジネスメールの書き方やプレゼンでの表現など、業務ですぐ生かせる英語スキルを学ぶことができます。世界で起きている経済関連のニュースも交えながら、グローバルなビジネス環境で役立つ実践的な英語力を身に付けることができます。

<ビジネス英語が学べる学校>
・社会人対象のコースもある「St Giles, New York City」
・セントラルパークから徒歩圏内にある「Kaplan International English, New York - Central Park」

留学生に聞く!わたしのニューヨーク留学プラン

NY_2_690.jpg

ニューヨークへの留学に興味はあるけど、実際、どんな生活を送るのかイメージできない。そんな人のために、実際ニューヨークに留学した留学生たちの具体的なプランをご紹介していきます。

● 演劇を学んだ3週間。語学に加えて演劇アクティングコースを受講 (高校生)

留学期間
2週間
学校
Rennert Teens at Iona Campus
滞在方法
ニューヨークに留学した理由
興味のあったミュージカル鑑賞や演劇の勉強を、本場で実現したかった

キャストの迫力と素晴らしいセット、生演奏の音楽に圧倒されました。演劇のレッスンでは、他の留学生たちの表現力に大きな刺激を受けました。 >> 続きをみる

● 海外旅行で感じた言葉の壁をなくすことが目標。サンフランシスコとニューヨークで本当に身になる英語を習得(大学生)

留学期間
10ヵ月
学校
St Giles, San Francisco、St Giles, New York City
滞在方法
レジデンス
ニューヨークに留学した理由
せっかく1年間も英語を学ぶのだから、本場のアメリカ英語を身につけたいと思った

学校では、日本ではあまり話すことのない環境問題や政治、宗教、文化、人種などを扱うことが増え、いくら英語ができても自分の考えをしっかり持っていないとコミュニケーションができません。そんな自分の弱みを克服するために、ニュースに毎日目を通したり、いろいろな国の政治や宗教、歴史などを独習したり。その甲斐あって、今では自分から話を切り出し、さまざまな人と意見を交換できるようになりました。 >> 続きをみる

● 英語の経験値を上げるための一般英語コースを受講(社会人)

留学期間
2週間
学校
Kaplan International English, New York - Empire State
滞在方法
ホームステイ
ニューヨークに留学した理由
転職前に時間が取れたため。今後、ニューヨークに勤務する可能性もあり、事前に現地の様子を知っておきたかった。

日本では先生の言うことを"聞く"ことが多いと思うのですが、ニューヨークでは自分の考えを"話す"機会が非常に多く、"短時間で自分の意見をまとめて英語で話す"よい訓練になりました。 >> 続きをみる

留学費用の目安

ニューヨーク(マンハッタン)にある語学学校の学費目安をご紹介します。学校によって授業時間数や内容で異なるため、学費はさまざまとなります。

例えば、ZONI Language Centersは4週間で1,460ドル(1ドル110円で計算すると約16万円)、12週間で3,876ドル(約42.6万円)と、12週までの留学がかなり安くなっています。これは、1週間当たりの授業時間が20時間と他校と比べて短いためです。午前中は勉強して、午後からは観光したい!という人にはおすすめの学校でしょう。

■ZONI Language Centers(授業時間/週20時間)
4週
US$1,460
12週
US$3,876
24週
US$7,440
36週
US$11,160

一方、きっちり勉強したい人は1週間当たりの授業時間数が多めの学校を選ぶと良いでしょう。例えば、St Giles, New York Cityは1週間当たりの授業時間は23.33時間で4週間1,916ドル(約21万円)、12週間5,340ドル(約58.8万円)です。上記のZONI Language Centersと比べると4週間でトータル13時間以上長く勉強することになりますので、その分費用が少し高くなっています。同校では半年以上の留学になると「長期割引制度」が適用になるので、長期間しっかりと勉強したい人におすすめです。

■St Giles, New York City(授業時間/週23.33時間)
4週
US$1,916
12週
US$5,340
24週
US$7,320
36週
US$10,584

また、EC New Yorkのように、1週間当たりの授業数は22.5時間で2,180ドル(約24万円)と、一見ちょっと高く感じる学校もあります。この学校では申し込み後から留学中、帰国後3ヵ月間まで学校独自のオンライン学習を利用できます。本気で英語力を伸ばしたいなら留学前の事前準備はとても大切ですし、留学後にアップした語学力を定着させるためにも継続的に学ぶ必要があります。その分の費用が含まれているので、本気で英語を習得したい人にとってはおトク感があるかもしれません。

■EC New York(授業時間/週22.5時間)
4週
US$2,180
12週
US$6,000
24週
US$10,560
36週
US$15,840

留学費用はなるべく抑えたいという人がほとんどでしょうが、単純に学費だけで学校を選んでしまうと自分の思い描いていた留学と違った、なんてことになってしまいます。留学先でどんな生活をしたいのか、留学の目的をはっきりさせておくと自分にとって一番の費用対効果がある学校を選べると思います。

ニューヨーク留学実現までの流れ

ニューヨークに留学したいと思った今が、留学準備を始めるタイミング。具体的な準備の流れは、大きく次のような順番で進んでいきます。

ステップ1:情報を集めよう
ステップ2:学校への出願、ビザ、入学手続きをしよう
ステップ3:渡航の準備をしよう

ステップ1:情報を集めよう

インターネットでの情報収集や留学経験のある友達から話を聞いたり、留学エージェントの主催するセミナーに参加したりしながら、留学に関する理解を深めていきましょう。ニューヨークのあるアメリカへの渡航は、ビザの取得が必要な場合もあるので、詳しい内容を、最新の留学事情に詳しい留学エージェントに聞くこともおすすめします。

ステップ2:学校への出願、ビザ、入学手続きをしよう

英語力に自信がある人は、自分で留学手続きをすることで、費用の節約につながります。初めて留学をする人や英語力に自信のない人は、留学ジャーナルの留学サポートの利用をおすすめします。時間がかかってしまう複雑な入学関連の書類記入や出願、滞在先の手配などを代行するので、あっという間に留学手続きを完了させることができます。

・ビザについて
フルタイム(授業時間が週18時間以上、もしくは1学期12単位以上の履修)の学生としてニューヨークに留学する予定の人は、渡航前に日本で学生ビザを取得する必要があります。詳しい内容については、留学ジャーナルまでお問い合わせください。

ステップ3:渡航の準備をしよう

ステップ2まで完了すれば、あとは渡航に向けての荷造りを進めていきましょう。現地の気候や環境に合わせて、日本から持っていくものを整理しましょう。
日本に比べてキャッシュレス化が進んでいるアメリカでは、クレジットカードの準備を忘れずに。また、Wi-Fiなど通信機器の手配も必要。
こちらも、留学エージェントがニューヨークの生活事情に合わせた準備物の情報を提供していますので、参考にしてみてください。

ニューヨーク留学のまとめ

さまざまな国籍や文化が入り混じるニューヨーク。英語が流ちょうに話せないことを恥ずかしがる必要はなく、世界最先端のモノやコトを学んで、感じて、楽しむチャンスがたくさん広がっていますので、ぜひ一歩を踏み出してみてください。

ニューヨーク留学について、もっと詳しく知りたい方は、留学ジャーナルカウンセリングセンターまでお気軽にお問い合わせください!

ニューヨーク留学について相談希望の方はこちらから
無料の留学相談をするバナー_350.png

自宅にいながらオンライン相談

  • twitter
  • facebook
  • line