留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

オーストラリア短期留学|メリット、留学生活や体験談から人気の理由を知る

# オーストラリア

# 短期留学

# メリット・デメリット

公開 : 2020.07.02

更新 : 2020.10.30

フレンドリーな国民性で、日本との交流も盛んなため、親日家が多いといわれているオーストラリア。あなたの周りにも、オーストラリアで語学研修や留学の経験をしたことがある人は意外と多いのではないでしょうか。

オーストラリアは、短期留学はもちろんのこと留学が初めてという人にもおすすめの国です。どうしてここまでオーストラリアが人気なのか、そして自分がもし留学するとしたら、オーストラリアはどうなのか、オーストラリア短期留学のメリットやデメリットを詳しく解説していきます。

短期留学にオーストラリアが人気の理由

オーストラリアの街並

まずは、どうしてオーストラリアが海外研修や短期留学先として人気なのか、その理由を説明していきます。

●どうしてオーストラリアは短期留学先として選ばれる?留学のメリットは?

・フレンドリーな人が多いため、現地生活に溶け込みやすい
親日家が多いといわれているオーストラリア。その理由の一つとして、他の国と比べて、日本語教育が盛んに行われていることが挙げられます。小学校から日本語を教えている学校も珍しくなく、日本に親しみを持っている人が多くいます。

 
"日本語での挨拶やお辞儀をしてくれたりと、現地の人が日本文化を知っていることに感動しました。" (高校生)
 
 
"バディ(=一緒に生活したり、通学したり遊んだりする仲間)は日本語を専攻しているため、日本語の理解がとてもスムーズです。お互いに言葉を教え合うという貴重な体験ができて嬉しかったです。" (13歳・中学生)
 

・治安が良い
短期留学する上で気になるのが、現地の治安。イギリスの雑誌「Economist」による都市の安全性調査のランキングでは、10位以内にオーストラリアの2都市がランクインしています。アメリカなどと違い銃規制が厳しかったり、原子力発電所がないなど、安全に対する配慮がしっかりされた国なので、初めて留学するという人も安心して渡航できます

 
"事前に聞いていた通り、ブリスベンはかなり治安が良く、安心して過ごすことができました。おおらかな人が多い、素敵な街です。" (31歳・社会人)
 

・時差がほとんどない
短期留学をする上で、意外と重要な時差の問題。時差がある国に留学して時差ボケにかかり、「到着してから体調が優れず、勉強に集中できない」「帰国しても時差ボケで、日本の生活に体が適応できなかった」など生活に支障が出てしまった経験をよく聞きます。一方で、オーストラリアと日本の時差は1時間。時差ボケを気にすることなく現地の生活になじむことができます。

・都会にいながら大自然も満喫できる
透明度の高い海や、固有の動物が生息するなど、雄大な自然を誇るオーストラリア。都市部でも、ビーチや国立公園が近くにあり、自然と都会が調和した街が多くあります。短期留学でも、おしゃれなカフェで過ごしたり、ショッピングを楽しむなどの都会的な生活と、美しいビーチでリフレッシュするという自然体験を一度にできることがオーストラリアの大きな魅力です。

 
"シドニー周辺には有名な観光地がたくさんあり、週末には、ブルーマウンテンやオペラハウス、カンガルーやコアラと触れ合える動物園を訪れました。" (22歳・社会人)
 

●オーストラリア短期留学のデメリット

・日本人が多い
留学生に人気の国、オーストラリア。現地には、日本人留学生も多くいます。日本人の友達がいると、何か困ったことがあっと時に日本語で相談ができるため安心感がある一方で、日本人に頼りすぎると、他の国の留学生と関わる機会を失ってしまうことも。

オーストラリアには、世界各国からさまざまな文化を持つ人たちが集まっています。彼らとの出会いやコミュニケーションを通じて、視野が広がり、世界を知ることができるのも留学の魅力。積極的に海外の友達をつくることも心がけていきましょう。

・英語に訛りがある
オーストラリアで話されている英語は、歴史的に影響を受けているイギリス英語がベース。一方、現地では独特の発音や言い回し、表現を使うシーンが日常でもみられますが、語学学校では、外国人に教えるための英語の質が担保されているため、オーストラリア訛りの英語を教わるという機会はほとんどありません。

ただ、せっかくのオーストラリア留学。外国人に対してオープンに接してくれる現地の人々。穏やかな気候が育む独自の文化。そしてその中で生まれる数々の言葉。現地では吸収できることがたくさんありますので、言葉も含めてオーストラリアを理解し、その場所でしかできない生活を楽しみましょう。

 
"今回の短期留学で学んだことは、英語がすべてではない、ということです。英語は必要ですが、言葉はただのコミュニケーションの手段だ、ということを一番感じました。" (14歳・中学生)
 

・節水が求められる
水が貴重な資源のオーストラリア。雨が降らないため、現地では国を挙げて節水対策に取り組んでいます。ホームステイ先では、シャワーの時間は5分までなど、守らなければいけない規則があるので、注意が必要です。

 
"ホームステイ先でのシャワー時間は5分間というルールには、最初ストレスを感じました。" (20代・社会人)
 

もっとオーストラリアについて知りたいという人は、次の記事も参考にしてみてください。
オーストラリア留学が「おすすめ」の理由がわかる

留学生に聞いた!わたしのオーストラリア留学プラン

コアラ

オーストラリアへ短期留学してみたいけど、実際、どんな生活が待っているのでしょうか。夏休みや春休みを利用してオーストラリア留学を経験した留学生の具体的なプランをご紹介していきます。

●大学の春休みを利用して、3週間のオーストラリア留学(大学生)

留学期間
3週間
学校
Langports, Brisban(ブリスベン)
滞在方法
ホームステイ
オーストラリアを選んだ理由
自分の予定と合う大学の春休み期間に、現地の季節が夏だったことと英語圏の国だったことが理由です。

最初は自分のつたない英語が通じるのか不安でしたが、後半になると授業内容がスムーズに理解できるようになり、自分からも積極的に話しかけられるようになりました。ネイティブの人に自分の英語が通じたときや、逆にネイティブの人の話す英語が聞き取れたときに、自分の英語力の向上を実感できうれしかったです。

今回の留学は、周りが就職活動の準備や国家試験の勉強などをするなか、自分だけ遅れてしまわないか不安もありました。でも、英語でさまざまな国の人と会話ができるようになったこと、日本とは異なる文化に触れることにより自分の視野が広がったことなど、日本ではできない貴重な体験をすることができました。思い切って留学して本当によかったと思います。

>> 続きをみる:3週間がほんの一瞬に感じるほど充実したオーストラリア留学

●会社の夏休みを利用した、1週間のオーストラリア留学(社会人)

留学期間
1週間
学校
Shafston International College, Brisbane(ブリスベン)
滞在方法
ホームステイ
留学の理由
社会人になって海外旅行へ行き始め、旅先で英語が少しでも話せるようになりたいと思ったから

短い滞在でしたが、さまざまな体験を通じて、何よりも度胸がついたと感じています。話すことや何かをすることに対して、「とにかくやってみる!」という気持ちが強くなりました。ジェスチャーもうまくなったと思います。また、外国人の友達がたくさんでき、Facebookで交流を続けています。

社会人で留学を考えている方には、「後になってはできないことがたくさんある。もしやってみたいならトライすべき。きっといい経験になるはず!」とお伝えしたいです。

>> 続きをみる:交流することの楽しさを改めて実感した短期留学!

●英語力を伸ばすと同時に、オーストラリア生活を体験できた3週間の留学(大学生)

留学期間
3週間
学校
English Language Company(シドニー)
滞在方法
ホームステイ
オーストラリアを選んだ理由
時差が少なく、治安が良いと聞いたから。私は寒いのが苦手なので、日本が冬の間、シドニーは夏だというのも素晴らしいと思った。

現地のビーチの美しさに魅了されました。こんなに透明な海があるのかとびっくり。日本ではあまり海に行くことはありませんでしたが、あまりの海の綺麗さにビーチに出かけるのが大好きになって、週末は必ず海を訪れていました。

オペラハウスでイタリア語上演・英語字幕の『カルメン』を観たのも素晴らしい思い出です。かなり緊張して行きましたが、CMで耳にしたことのある曲も多く、英語字幕もあまり難しくなかったので楽しめました。その他、放課後は毎日のようにシドニー観光をしていました。もともと1人旅が好きな私は、1人で歩いていろんなところに遊びに行きました。

>> 続きをみる:英語を話す楽しさに気づいた!クラスメイトなどとの交流も満喫

●大学留学を見据えたオーストラリアでの短期留学(高校生)

留学期間
2週間
学校
Browns English Language School, Gold Coast
滞在方法
ホームステイ
オーストラリアを選んだ理由
高校卒業後に大学留学を目指しているため、その下見を兼ねて。

さまざまな国の友達ができ、長期留学に向けて自分に何が足りないかにも気づけた、貴重な経験となりました。2週間という短い間ですが、毎日英語を聴いたり話したりするので、英語力も少しは向上したかなと思います。ホストマザーも「上手になった」と言ってくれました。

私の夢は、オーストラリアの大学でホスピタリティやホテルマネジメントをしっかり学ぶこと。そして将来は、オーストラリアで学んだことや英語力を生かせるような仕事に就きたいと思っています。

>> 続きをみる:大学留学を見据えたオーストラリアでの短期留学

オーストラリアの短期留学はいくらかかる?

ロサンゼルスの街並

次に、オーストラリアに短期留学する場合にかかる費用について解説していきます。

●オーストラリアの語学学校の学費・滞在費

学費・滞在費について、今回は語学留学をする場合を1例に、オーストラリア・ゴールドコーストにある語学学校「Browns English Language School, Gold Coast」に1週間・2週間・1ヵ月留学したときにかかる費用をご紹介します。

期間
英語週15レッスン+ホームステイ
1週間
172,000円〜
2週間
227,000円〜
1ヵ月
345,000円〜

上の表の料金には、入学申請料、滞在手配費、記載分の語学レッスン授業料、滞在費、食費、到着時の空港出迎え費、海外送金手数料、研修手配費が含まれています。

●航空券の料金

日本からオーストラリアへは、都市にもよりますが、10時間ほどのフライトで行けます。羽田空港や成田国際空港から、現地の主要都市に向け直行便も出ていたり、格安航空会社も利用できますので、さまざまな選択肢を比較しながら航空券を購入できます。

航空券の相場は、往復料金で10万円台。渡航時期の狙い目は、現地の季節が夏である2月、3月。この時期は、航空券全般の料金が1年の中で比較的安いシーズンにあたるので、大学生であれば春休みを利用しての留学をおすすめします。

●電子渡航許可(ETA)の申請料

滞在期間が90日未満の短期留学の場合は、事前にETA(Electronic Travel Authority:電子渡航認証システム)の取得が必要となります。ETAはオンラインで申請でき、オーストラリア政府移民局の公式サイトでの申請料はAU$20です。そのほか、代理店を通じての取得もできます。

また、滞在期間が90日以上の場合には学生ビザが必要となり、別途、学生ビザの申請料が必要となります。

留学準備を始める上で重要なエージェント選び

オーストラリアの図書館

いざ、オーストラリアに留学しようと決めた時、次に迷うのが準備の始め方かもしれません。英語力に自信がない人や、初めて留学するという人は、留学エージェントを利用しての留学をおすすめします。

留学エージェントはたくさんあるので、実際どのエージェントを利用すれば良いか悩むもの。今回は、エージェント選びのコツについて説明していきます。

●オーストラリア留学のエージェント選びで最も大切なこと

オーストラリアに留学する場合、留学エージェント選びで、最も重要視してほしいのは、留学前・留学中・帰国後のサポート内容です。例えばオーストラリアへ出発する当日、日本の空港で飛行機の遅延トラブルにあう可能性も。また、現地の空港では出迎えのスタッフに会えないなど、渡航には様々なトラブルがつきものです。

滞在時間が短い短期留学では、何か問題があってもスムーズに切り抜けたいもの。もし困ったことが起きた時、エージェントがどんなサポートをしてくれるか、その部分をしっかり聞き、こういう時はどんな対応をしてくれるのか具体的な事例なども教えてもらった上でエージェントを選ぶようにしましょう。

●留学エージェントを選ぶ上で理解しておきたいサポート内容

留学前
・最低限の英語が話せるよう手助けしてくれる英会話サービス
・お金の持って行き方など留学にまつわる疑問を解消できる留学前の準備サポート

留学中
・生活に困った時に相談に乗ってもらえる留学中のサポート
・緊急事態が起きた時、すぐに連絡できる窓口対応(24時間対応)
・現地のサポートオフィス

留学後
・短期留学でも今後の進路や就職に生かせるようアドバイスしてくれるキャリアサポート

最近は、どのエージェントも、無料の留学カウンセリングを行っていますので、まずは数社のカウンセリングを受けてサポート内容を聞き、自分なりに比較してみることが大切です。また、一言で留学エージェントと言っても、会社の雰囲気や担当カウンセラーの人柄は各社さまざま。やはり実際会ってみて、自分の留学はこの人(会社)に任せたい!と思えるエージェントにお願いすることをおすすめします。

留学ジャーナルでも、無料の留学カウンセリングを実施していますので、興味のある人はぜひ、予約をしてみてください。

まとめ|初めての短期留学にはオーストラリアがおすすめ

昔から日本人の海外研修先として人気のオーストラリア。当社にも、「初めての短期留学をオーストラリアにして本当に良かった!」という声が、小学生から社会人までたくさんの留学生から届いています。初めての短期留学は、ぜひオーストラリアにしてみませんか?

もっと具体的な情報を聞きたいという人は、無料の留学カウンセリングを予約してみてくださいね。また、留学ジャーナルには、オーストラリアのリアルな留学生活がわかるレポートもたくさん届いていますので、ぜひ、留学するとしたらどんな生活が待っているかイメージしてみてください。オーストラリアで充実した留学生活を送れるようしっかりお手伝いさせていただきます。

オーストラリア留学や短期留学についての無料相談はこちらから
無料の留学相談をするバナー_350.png

自宅にいながらオンライン相談

【保存版】オーストラリア留学に必要な持ち物リスト

  • twitter
  • facebook
  • line