留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

【期間別】おすすめの短期留学プログラムと得られる効果

# 短期留学

公開 : 2019.03.29

更新 : 2022.05.19

「1週間でも留学できるの?」「留学期間によって身につくスキルにはどれほど差がつくの?」と疑問に思う方のために、短期留学について徹底解説。自分にぴったりの期間を選んで、最高の留学を叶えましょう。

短期留学と長期留学の違いとは?

語学留学の期間は自分の都合によって自由に決められます。語学留学は「短期留学」と「長期留学」と区別されますが、それぞれの留学期間や特徴について詳しくみていきましょう。

短期留学の特徴

「短期留学」とは一般的に1週間~2、3ヵ月ほどの留学を指します。

短期留学の最大のメリットは気軽さ。学校や会社の休みを利用して体験できます。学生ビザが不要なケースが多く、手続きも比較的簡単。また、期間が限られているため、中だるみすることなくモチベーションを維持できます。そしてもちろん、長期留学に比べて費用が安価なので挑戦しやすいという点も大きな魅力。

デメリットは、現地での生活になじんだ頃に帰国しなければならないこと。また、英語に慣れる実感はあるものの、「TOEIC 300点アップ!」などの目に見えるレベルアップまでは留学中には達成できない人が多い点です。

ただし、短期留学をして英語が通じる楽しさや、英語が話せることで世界が広がる喜びを実感し、英語を話せるようになりたいという強いモチベーションが沸いてくることで、帰国後に英語の勉強を続けて目標のスコアをクリアする方も多いようです。

長期留学の特徴

長期留学は、3ヵ月から半年以上の留学を指します。国によって異なりますが、長期留学の場合は学生ビザの申請が必要な場合が多いです。

長期留学のメリットは、英語力の向上が見込めること。また、海外の大学で授業を受けられる学部聴講や、アート系からビジネスまで学べるエクステンション留学、専門的知識を深められる専門留学など、幅広いプログラムを選択できることも長期留学のポイント。就活や転職、スキルアップに活かせる留学をしたい大学生や社会人の方におすすめです。

デメリットは、やはり費用が高くなってしまうこと。どうしても費用を抑えて長期間の留学をしたいのであれば、働きながら英語を学べるワーキングホリデ―や、有給インターンシップができるCo-opプログラムがおすすめです。

>>ワーキングホリデーの年齢・行ける国、費用やメリットはこちら

>>カナダ留学Co-opプログラムの詳細はこちら

1週間~2ヵ月まで、期間別に短期留学で得られること

short_money_main690.jpg

1~2週間の留学

1~2週間の留学は、長いお休みが取りづらい人や費用を抑えたい人に最適。中学生や高校生であれば夏休みにサマースクールに参加するのも良いでしょう。

短期間の留学でも、「ネイティブの英語に耳を慣らしたい」「いろいろな国の友達を10名つくる」などの具体的な目的をもって集中すれば、満足いく結果が得られます。また、クラスメイトやホストファミリーとの交流を通じて、異文化交流の楽しさにも開眼するはず。

3週間~1ヵ月の留学

3週間~1ヵ月程度の留学は、夏休みや春休みを利用すれば学生の方なら無理のない留学期間と言えます。現地の暮らしに慣れ始めるには十分で、語学レッスンで学んだことをホストファミリーなどとの会話に生かす余裕も芽生えます。行きつけのお店ができたり、土日などに周辺都市を観光したりと楽しみが広がり、アクティビティなどを通じて友達がぐんと増える時期でもあります。

1~2ヵ月の留学

さらに延ばして2ヵ月ほど留学すると、いちいち日本語から訳さなくても「英語でモノを考えられる」ように。リスニング力やスピーキング力に自信がつき、語学学校では、初級クラスだったのが中級クラスになるなどクラスアップを体験する人も多いでしょう。ホストファミリーや友達とも、政治観や人生観といった一歩踏み込んだ会話ができるようになり、異文化をぐんぐん吸収する快感が味わえます。

短期留学を意味あるものにする3つのポイント

1.事前に英語を勉強しておく
2.目標や留学中に挑戦したいことを決めておく
3.留学中の時間の使い方

短期間の留学だからこそ、留学前に英語の勉強をしたり、目標設定をしたりして、しっかり準備をしておくことで、限られた期間でも充実した留学生活を送ることができるでしょう。

「意味がある短期留学」にするためのポイントについては、「短期留学は意味がない?「意味があるもの」にするポイントを徹底検証!」の記事で詳しくご紹介しています。

短期留学に必要な費用

column-94_AdobeStock_98992190_690.jpg

期留学の国別平均費用概算の比較(授業料+滞在費+食費)

1週間
4週間
アメリカ
9~11万円
24~48万円
カナダ
8~10万円
22~31万円
イギリス
7~13万円
21~49万円
オーストラリア
8~10万円
22~36万円
ニュージーランド
8~10万円
20~30万円
アイルランド
6~8万円
22~33万円
マルタ
6~8万円
22~37万円

※2022年費用目安 留学ジャーナル調べ

上記の他にも、航空運賃、海外保険料、諸手続き費用、現地での教材費や交通費、お小遣いなどが必要となります。

国や学校、ホームステイか寮滞在かによっても費用は異なってきますが、授業料と滞在費、食費で1週間6~11万円が目安とすると良いでしょう。出発時期により航空運賃が大きく異なり、夏休みなどのピークシーズンは航空運賃が高く、冬季は比較的安い傾向があります。

短期留学におすすめのプログラム

短期留学でおすすめなのが「一般英語コース」

短期留学でおすすめのプログラムは、「一般英語コース」。多国籍なクラスメイトと一緒に語学を学び、実際の生活に活かすことができます。

初心者レベルから上級者レベルまで幅広くコースを開講していて、自分の英語レベルに合ったクラスで学ぶことができます。英語力に自信がないという人でも安心して学べるプログラムです。

・おすすめの語学学校(1)ILAC バンクーバー校

Students-3.jpg

<学校の特徴>
年間を通して世界92ヵ国からの留学生が集まる中、日本人スタッフも数名常駐し、留学生のサポートも手厚いことが人気です。一般英語コースでは、発音文法、ボキャブラリーなどから選べる週 4 レッスンの選択コースで構成されています。

語学だけでは物足りない人は「語学+α」がおすすめ!

語学だけでは物足りないという方におすすめなのが、「語学+α」コース。英語だけでなく、その国ならではのスポーツやカルチャーを体験できるプログラムやボランティア活動を体験できます。旅行とは違う貴重な経験ができます。

・おすすめの語学学校(1)Kings ロサンゼルス校

USCA365_01.jpg

<学校の特徴>
一般英語コースのほか、英語&ダンスコースを受講できます。学校はハリウッドの中心部、サンセット通り近くにあり、観光スポットが近いため、ロサンゼルスを思う存分満喫できます。

・おすすめの語学学校(2)Global Village English Centres ハワイ校

USHI080E_2.jpg

<学校の特徴>
英語&フラダンス、サーフィン、ヨガ、ウクレレ、フィットネスなどの英語 & アクティビティコースが豊富
にあります。校舎はホノルルに位置し、ワイキキビーチへ近くて交通の便もとても良く、生活しやすい環境です。リフレッシュしたい人や海外生活初心者の人にもおすすめです。

実際に短期留学を体験した方の声

大学生:英語力をさらに向上させて、もう一度留学したい!

留学先 アメリカ(ホームステイ)
滞在期間 1週間
留学した理由 自分の力で何かに挑戦し、違う世界を見てみたいと思ったから。

<短期留学を体験した感想>
帰国後に受けた英語の授業では、留学前よりも英単語がスムーズに聞こえるようになって、リスニング力の向上を実感しています。1週間の留学でしたが、今回の留学を通じて、英語の苦手意識がなくなり、実際に体験することの大切さがわかりました。英語学習に対する自分の意識が変わったので、将来は英語力をさらに向上させてもう一度留学に行きたいです。

社会人:人の温かさは世界共通。勉強以外にもたくさん気づきがあった

留学先 イギリス(ホームステイ)
滞在期間 2週間
留学した理由 小さいころから夢だった留学。再び興味を持ったころにはすでに社会人で、長期休暇が取れなくて留学をあきらめてたところ、短期留学を知ったのがきっかけです。

<短期留学を体験した感想>
自分の英語スキルが思っていた以上に低く、聞き取れないうえに自分の意思を表現できないつらさと日々、闘っていました。けれど、どの国の人も英語に関して同じ悩みを抱えていて、将来のために一生懸命勉強していました。言葉が伝わらない怖さ以上に、みんなと英語というツールを使って話を共有できた時の喜びは、留学しなければ一生感じられない経験だったと思います。

この留学で出会えた友達や経験、思い出は私の一生の宝物になりました。今後は、また一から日本で苦手分野を勉強して、チャンスがあればもう一度留学したいです!

高校生:留学生に優しい町、バンクーバーで初めての留学に挑戦!

留学先 カナダ(ホームステイ)
滞在期間 4週間
留学した理由 きっかけは、修学旅行先のインドネシアで現地の人と交流したときのこと。外国の文化に興味を持ったと同時に、自分の英語力のなさに驚きました。将来、海外に行って様々な文化を知るために、英語力を向上させたいと考えました。

<短期留学を体験した感想>
今回の留学を通して、改めて自分の英語力の無さと、日本人がシャイだと言われる理由がよくわかりました。授業中、クラスメイトたちは積極的に先生に質問していて、何も質問しないと「もっと授業中に発言するように」と言われました。自分の主張を不自由なく伝えられるように、英語力をもっと向上させたいと思いました。

クラスメイトの中には、英語も含め3ヵ国語を話せる人が多くいました。私も3ヵ国語を話せるトリリンガルを目指して、大学進学後は第二外国語としてスペイン語を学び、そして長期留学に挑戦したいと考えています。

短期留学は誰でも挑戦しやすく、できることもたくさん!

短期留学でも適切な目的を設定すれば語学面での向上が見込め、語学力以外でもたくさんの収穫が得られます。

最初から半年、1年の留学となると、なかなか踏み出せないという人でも、1週間ならどうにかスケジュールを調整すれば、可能という人は多いのでは。
長期留学をしようとしてチャンスを逃すよりも、たとえ1週間でも、まずは行ける時、行きたい時に留学をする。その一歩を踏み出すことが次につながります。異文化でたくさんの刺激を受けることで、新しい扉が開いていくでしょう。

「私の目的にはどの程度の期間が最適?」「今の語学力でも大丈夫?」など不安がある方は、まずは無料の留学相談をご利用ください。

短期留学のご相談はこちらから
無料の留学相談をするバナー_350.png

自宅にいながらオンライン相談

留学ジャーナルの短期留学はこちら
大学生の短期留学はこちら

  • twitter
  • facebook
  • line