留学ジャーナル|留学相談から滞在中のケアまで

留学のことなら、なんでも相談ダイヤル フリーコール:0120-890-987

オンラインから始める新・留学。「ハイブリッド型留学」で学びをスタートさせよう

# 留学

# 語学留学

# 大学留学

# 社会人

# 大学生

# 留学準備

# オンライン

# 新型コロナウイルス

公開 : 2020.09.18

更新 : 2020.10.23

渡航制限や多くの国が行っている入国規制により、海外へ行くこと自体が制限されている今からでも始められる留学の裏技をご紹介します。海外渡航がOKになり、国境再開の見通しが立てばすぐ出発できるように、日本で今できる準備を行い、周りの人より一歩先を行く留学を実現しましょう。

コロナ禍だからこそ、慎重に留学準備を
ryugaku_moments_3_640.jpg

コロナ禍での留学について、お悩みの方は多いのでは。不足した情報や不確かな情報をもとに大切な留学の決断はできませんよね。

50周年を迎える留学ジャーナルでは、各国大使館や公的機関、海外の教育機関などと密に連絡を取り常に正確な情報を入手しながら、50年間で培ったノウハウを生かした留学相談を無料で提供しています。

コロナ禍だからこそ、ご希望や状況にあわせて一人ひとりに最適な提案ができる留学ジャーナルにお問い合わせください。

無料の留学相談をするバナー_350.png

留学業界の現状

日本の外務省は、多くの国に対して、新型コロナウイルス(COVID-19)の危険度をレベル3(渡航中止勧告)としています。現段階で、留学ジャーナルで留学先として取り扱っている国へは渡航自体が難しい状況となっています(2020年10月現在)。

<留学先の国別新型コロナウイルスの最新情報>

また、日本に帰国後、14日間の自己隔離期間が設けられているため、休暇を利用した1ヵ月以内の短期留学などは、なかなか一歩を踏みだせないのが現状です。

短期留学や留学の備えには「オンライン留学」

このコロナ禍で、従来のように現地へ出向いての短期留学ができなくなっている今、さまざまな留学スタイルが生まれています。今、主流になっているのが「オンライン留学」です。

オンライン留学は、海外の学校で行われる本格的な授業を、インターネット環境が整った場所でパソコンやタブレット、スマートフォンを利用して受講するスタイルです。

最大の魅力は、マンツーマンのオンライン英会話とは異なり、世界各国から参加しているさまざまな国籍のクラスメイトたちと一緒に英語を学べること。

渡航制限が継続されている状況はどの国も同じです。特に海外では、罰則を伴うロックダウン(都市封鎖・外出禁止令)が実施されたため、早くからオンライン留学が浸透しており、日本以上に、いろんな人が自宅でオンライン留学をしています。

また、多くの学校ではオンライン留学のプログラムの一環で、他の学生とオンラインで交流できるバーチャルなアクティビティやイベントも企画しています。

オンライン留学は授業で発言する機会やアクティビティでクラスメイトとコミュニケーションを取る機会が多いので、日本にいながら短期留学を体験できます。いつか海外留学をしたい人のお試し留学としても最適です。

>>【更新】オンライン留学おすすめ校!自宅でできる新しい留学

進学や長期留学なら「ハイブリッド型留学」

長期留学の場合、まったく海外に行けないわけではありません。国によって渡航が難しいのは事実ですが、留学先や帰国後の14日間の自己隔離期間を考慮した日程でスケジュールを立て、諸々のリスクを熟考したうえで長期留学している方はいます。

とはいえ、日程やリスクを考えると簡単には踏み切れない方が大半でしょう。留学してできるだけ早く成果を上げたいと考えている方に、今すぐ始められる留学としておすすめなのが「ハイブリッド型留学」です。

ハイブリッド型留学=日本でオンライン留学+現地で留学

「ハイブリッド(hybrid)」とは、異なるものの組み合わせのこと。ハイブリッドカーと聞くと、ピンとくる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

コロナ禍での「ハイブリッド型留学」は、オンライン留学からスタートして、渡航が可能なったら現地へ赴き、多くの方がイメージする従来型の留学を行うことを指します。コロナ禍だからこそ生まれた、新しい留学方法である「ハイブリッド型留学」は、今後の留学スタイルとして人気が高まりつつあります。

ハイブリッド型留学のメリット

singapore-690.jpg

メリット1:事前の英語力アップで留学してからの成果が違う

長期留学して英語力を伸ばしたい場合、語学学校で勉強するのが一般的です。1ヵ月ごとにレベルチェックのテストで英語力を測るなど、学校では英語力が上がる目安を設けています。

日本でオンライン留学をしながら英語力をレベルアップしておくハイブリッド型留学なら、渡航後に何段階かのレベルをスキップして当初より上のレベルから英語コースを始めることができます。レベルの高いクラスメイトと協力してお互い刺激し合いながら学ぶことでより充実した時間を過ごせるので、留学生活で得られるものが格段に違ってきます。

また、海外の大学や大学院への進学を考えている場合、成績などの入学条件は満たしているものの、英語力だけが足りず、留学先の英語コースで英語力をアップしながら入学に備える方が一般的です。

できるだけ早く英語力をつけて、少しでも早く進学したいなら、まずは大学や大学院の提携校が提供するオンライン授業を日本で受講しましょう。一定のレベルを修了することで指定スコアと同等の資格として認められる「条件付入学」の許可を得ることができます。英語力アップは留学してからの目標到達が早いという成果につながるのです。

【語学留学(9ヵ月間)した場合】

hybrid2_lang3__690_195.png

【オンライン留学した後に語学留学(9ヵ月間)した場合】

hybrid2_lang4__690_195.png

メリット2:留学費用をコストダウン

海外留学には、それなりに費用が必要です。自分への投資とはいえ、できるだけ留学費用をおさえたいと考えるのが自然でしょう。ハイブリッド型留学のメリットのひとつは、費用をコストダウンできることです。

語学留学には、語学学校の授業料の他に、航空券代、ホームステイなどの滞在費、海外留学保険などの費用が必要ですが、留学費用で大きな部分を占めるのが、授業料と滞在費です。

オンライン授業は通常の語学学校の授業料より安めの金額設定になっているし、日本で英語力を上げている間は滞在費がかかりません。したがって、その分の滞在費と授業料を大幅にコストカットできるのです。

Hybrid_chart1.pngメリット3:モチベーションアップ

いつ、海外に行けるんだろう?いつ、留学を実現できるんだろう?と日々、悶々と考えてしまい、なかなか前向きになれない人もいるかもしれません。

オンライン留学からスタートするハイブリッド型留学なら、同じ境遇の人とオンライン上で知り合うことができます。授業を通じて切磋琢磨することで、モチベーションアップにもつながります。

もしかすると、海外に留学してから出会うはずだったクラスメイトと、一足先にバーチャルで出会えるチャンスかも?!オンライン留学を通じてクラスメイトと交流を深めておけば、将来、お互いの国を訪ねたときにリアルで再会できるかもしれません。その日を目指して、英語力はキープしておきたいですよね。日本でオンライン留学+海外で留学のハイブリッド型留学は、英語の学習意欲をキープするのにもピッタリなのです。

皆さんも、オンライン留学で英語力を上げてから現地に留学するハイブリッド型留学にどんどん興味が出てきたのでは?

何はともあれオンライン留学を始めてそのあとは海外へ!まずは留学ジャーナルの無料相談をご利用ください。皆さんのご希望にピッタリあうハイブリッド型留学を実現できる方法をご提案します。

cou_520.png

目的別に探すハイブリッド型留学のスタイル

留学と一言でくくっても、どういったスタイルの留学を選ぶのかは人それぞれです。目標は語学力アップなのか、留学は就活や転職のためなのか、海外の大学や大学院に進学したいのか、留学の目的により一人ひとり異なります。

ここではハイブリッド型の「語学留学」「大学留学」「大学院留学」の3つのスタイルについて見ていきましょう。

【語学留学】

Hybrid_chart2.png

ハイブリッド型語学留学とは、日本で一定期間、英語コースにオンライン留学している間に英語力をアップし、海外に行けるようになってから現地の語学学校で対面式の授業を受ける留学スタイルです。

語学留学の目標を「英語が流暢に話せるようになりたい」「英語力を上げたい」と設定する人は多いでしょう。しかし、意気込んで留学したものの、留学して1週間から1ヵ月程度は、誰もが緊張の連続で、クラスのレベルが合わない、クラスメイトの言っていることが分からない、授業についていけないなど、いわゆる留学の壁に当たってしまうこともままあります。

日本にいながらにしてオンライン留学で留学生活をスタートするハイブリッド型留学なら、留学したての頃に陥りやすい壁を日本の慣れた環境に身を置きながら乗り越えることができます。渡航した後にスムーズに授業に溶け込めれば、期待以上の成果を得ることができるでしょう。

また、「キャリアアップやキャリアチェンジを目指して上級スキルを学びたい」というように、専門的な英語を学ぶために語学留学をしたいという社会人の方もいますよね。

そんな方には、通常の英語コース(一般英語コース)の中上級レベル程度から参加できる、ビジネス英語コースがおすすめです。現地に行った後、すぐに希望のビジネス英語コースを始められるよう、できるだけ日本にいるうちにオンライン留学で英語力を上げておきましょう。

ハイブリッド型で実現する「語学留学」について詳しく知りたい方は、
「コロナ禍での語学留学の実現方法とは?失敗しないためのA to Z」
をご覧ください。

【大学留学】

Hybrid_chart3.png

高校卒業後の進路として、海外の大学への進学を考えている高校生には、ハイブリッド型の大学留学がおすすめです。

海外の大学に進学するには、成績などの入学条件のほかに大学が設けている英語力の基準を満たす必要があります。しかし、留学当初から英語力を満たしている人はまれなので、まずは語学学校の一般英語コースなどに留学して海外生活に慣れつつ英語力を伸ばし、その後、進学準備コースで大学の授業に向けた準備を行う方法が一般的です。ただし、段階を踏んで英語力を上げていくとしても、大学や大学院の入学条件である英語レベルを満たすまでには数ヵ月かかります。

進学を希望するなら、少しでも早く英語の勉強をオンラインでスタートすべきです。コロナ禍だからといって渡航が可能になるまで待つ必要はありません。日本にいながらにしてオンライン留学で留学生活をスタートするハイブリッド型留学なら、提携校の一定レベルを修了することで、入学資格と同等の英語力があることを認められる条件付入学で海外の大学に進学することができます。

ハイブリッド型で実現する「大学留学」について詳しく知りたい方は、
「この時代でも大学留学できる方法は?オンラインでスタート!海外大学進学」
をご覧ください。

【大学院留学】

Hybrid_chart4.png

すでに、日本で大学を卒業している方や、キャリアアップのためにMBAを勉強したいなど、より専門的に英語で専門分野を学びたい方には、ハイブリッド型の大学院留学という選択肢があります。大学留学と同様に、海外の大学院への留学には、ハイレベルな英語力が求められます。オンラインで大学院のための進学準備コースをスタートして大学院の入学条件を満たす英語力をつけ、渡航後はすぐに大学院に進学できるよう準備を進めましょう。

ハイブリッド型で実現する「大学院留学」について詳しく知りたい方は、
「大学院留学、今からはじめる準備と進め方」
をご覧ください。

留学のプロがプラン選びをお手伝いします

いかがでしたか。コロナ禍ですぐには留学できない状況ですが、留学したい気持ちをしぼませないためにも、何もせずに渡航制限の解除を待つだけではなく、日本にいる間に将来の海外留学のための準備を始めておきませんか?

ハイブリッド型留学は、将来の海外留学につながり、かつ今すぐにでも留学をスタートできる、新しい留学スタイルです。留学が「待ち」の状態になっている方にこそ、おすすめします。

留学は将来の自分のための投資。費用もかかりますので、まずは確かめることが大切です。「いきなり個別の相談はちょっと...」という方にも気軽にご参加いただける無料の留学セミナーも行っています。

onlinefair_640.jpg

留学ジャーナルでは10~11月の約1ヵ月間、大学留学のことが多方面から学べるオンラインイベントを開催します。

【オンラインセミナーの主なテーマ】
・コロナ禍の大学留学を知る 基礎編
・大学担当者から実際の様子や学校情報を直接聞ける!大学セミナー
・大学留学経験者によるトークイベント
・留学にかかる費用&奨学金、学校生活などのワンポイント講座

コロナ禍の今だからこそできる大学留学についてすべてがわかります。興味のあるいテーマや日にちを選んでご予約ください。ご参加お待ちしています。

onlinefair.jpg
  • twitter
  • facebook
  • line